AX ロングステイに挑戦 マレーシアロングステイに向けて

マイカー輸入と現地購入の比較

今回、輸出手続きをしてから半年、船が日本を出てから5ヶ月でやっとマイカーを運転できるようになりました。揺れるハート
 ※輸出手続き(B/L)が遅れたこともありますが、最近は半年程度かかることが多いようです。

今までプロデュアのマイビィを新車で購入して利用していましたので、
マレーシアで比較的安価な車種で

 ・現地で新車購入[税金を負担して購入、MM2Hプログラム利用の両方]
 ・MM2Hプログラムを利用して輸入

のメリットデメリットを比較し、

 ・マイビィフィットを比較した個人的印象

などをまとめました。

結論としては、手間と時間、費用がかかりましたがそれなりに満足しています。わーい(嬉しい顔)

現地で新車購入[税金を負担して購入]

【メリット】
 ・それほど待たなくても購入できます。
   ビザ取得前でも信頼できるエージェントに購入を依頼することもできまし、
   購入代金をシティバンクや海外送金を取り扱う銀行、エルドリッチリンチなどから
   直接ディーラーの口座に米ドルや円で送金できます。
 ・ディーラーでメンテナンスを受けられる。
  (プロデュアは初期点検で1回200RM程度の有料)

【デメリット】
 ・国産メーカーの経年劣化は早いように感じます。
  (最近の生産車の評価はこれからです。)
 ・日本と比べて安価な車種が限られています
   安価な例  マイビィ(ダイハツに同じモデル) 140万円程度 買い物だけならVIVAでもよい? 
   割高な例
     トヨタ ヴィオス
     ホンダ フィット(現地名JAZZ) フィットアリア:セダン(現地名CITY
     その他、ベンツだけでなく欧州車も見かけます。


現地で新車購入[MM2Hプログラムを利用]

【メリット】
 ・安価に購入できる。

【デメリット】
 ・手に入るまで6ヶ月程度かかるようです。


マイカー輸入

【メリット】
 ・日本で販売されている気に入った車種、乗り慣れたマイカーを運転できる。
   ※新車は6ヶ月以降しか輸出できません。
   ※※マレーシアではプライバシーガラスの制限があります。

【デメリット】
 ・輸送費がかかる。
   地方都市に住んでいたので、
     1.港までの陸送費、コンテナ利用などを含めて日本側で約26万円程度
     2.マレーシア側での登録などで18万円程度
   がかかりました。
 ・輸出手続きからマレーシアで運転できるまでほぼ6ヶ月かかりました。
 ・メンテナンスは自己責任
  (エネオスには日本人スタッフがいてマレーシアで販売している日本車なら
   メンテナンスに必要なものをのディーラーから取り寄せてくれます。)
   暑さを防ぐためのコーティング(熱遮断率や防犯高価などにより400RM〜2100RM)、
   防犯装置(アラームやハンドルロック装置)は必要でしょう。


マイビィとフィット 個人的な比較

日本で販売されているフィットとマレーシアのマイビィは同程度の価格ですが、
実際に生活で利用するとけっこう違うものです。

【マイビィ】
メリット
 ・後席が広い
デメリット
 ・トランクが狭い
 ・高速安定性が日本車に劣る
 ・燃費が日本車に劣る  街中10−12km/L 高速[80‐100km/h]15km/L?
   (フィット 街中15−16km/L 高速[80‐100km/h]20km/L)

【フィット】
マイビィと逆で、車に不慣れな妻が、
「フィットの方が安定してスムーズに動くね。」
と感じるほどの違いがあります。
燃費が良いのは最近日本の小型車でよく使われる継ぎ目のない変速機(CVT)のためのようです。
しかし、サスペンションはマレーシア独特の?ハンプには弱いかもしれません。

フィットと同じJAZZをマレーシアで購入すると300万円程度します。
フィットのセダンなら日本とは逆に少し安くなります。→ CITY
セダンは相当広いと感じるトランクがありますが、
個人的には後席に乗ると後ろからの日差しがきついのでJAZZがお勧めです。

中古車として売却について

[税金を払ったマイビィ]
 もともと中古車価格が下がりにくい上に、
 マレーシアでもガソリンが値上がりしたため
 燃費のよいマイビィの中古車価格は高いようです。

[輸入したフィット]
 売却すると関税が請求されますので、
   ・こちらで乗りつぶす
   ・親しい人に名義は変更せずに譲る
ことを考えています。


[ご注意!]
日本で新車を買って輸入できるのは6ヶ月経過後になります。

また、
  ・最新モデルではなく初期不良が出終ったころのモデル
  ・オートエアコン装備
    (年中夏のマレーシアではマニュアルエアコンの調整が面倒)
をお勧めします。

マイカー輸出の問題点

パソコンとカーナビなどでいつもお世話になっている
『厚木インフォテック』のスレッシュさんの奥さんから聞いた
ちょっと考えさせられる話です。

ロングステイビザがとれた日本人が日本からマイカーを輸出しました。
ところが、マレーシア側の輸入・登録代行業者が手続き中に誤って別の高級車にぶつけてしまい、相手方の高級車の修理費が19万RMexclamationかかることになりました。
零細な輸入代行業者ははそんな大金を払うことができません。
輸入・代行業者を紹介したエージェントが責任を取るわけではありません。
それで、ぶつけた車の所有者の日本人にまでトラブルが及んでいるのです。がく〜(落胆した顔)

保険を掛けておけば問題はないのですが、

1.輸出の際に日本でかけることができる保険は、あくまでも船積みからマレーシアの港までの保険です。
つまり、途中で沈没した場合などに支払われるだけです。

2.マレーシアの自動車保険はあくまでもマレーシアで車の登録が済んで走れるようになってからです。

「保険の空白期間」に気を付けなければいけません。

さて、日本ならすべての責任は登録・代行業者が負担しますが、
マレーシアの零細企業では金額が大きいと払うことができないところもあります。
そのようなケースでは、
 ・負担できる人が払う
 ・払えない人からはお金を取らない
そんな風習だというのです。

代行業者がふさわしい保険に入っていることを確認する必要があります。
車の輸入でこんな問題に巻き込まれると面倒です。


ロングステイビザをもらえると日本からの車を無税で輸入できますが、
良いことばかりではありません。
 ・売却するときの評価額に対して関税がかかってきます。
 ・無税で購入する手続きにかかる時間や費用はなかなかのものです。


そのほか
マレーシアに長期間滞在しないなら、
 ・税金を払っても普通の方法で車を購入する。
   (ビザ特権を利用して車を買うと受け取るまで何ヶ月もかかりますし、
    償却する前に売却すると税金の対象になります。)
方がきっとお得でしょう。

また、長期滞在(車の償却まで程度)するなら、こんな方法はどうでしょうか。
 1.ビザを取る前に税金を払って(すでに払ってある中古)車を購入する。
 2.ビザ取得後、日本からふさわしい車のを持ち込むか、特権を利用して安く現地の車を買う。
 3.必要なければ最初に買った車を売却する。

調べてみると、マレーシアでは新車を買っても日本ほど値下がりしませんので、
半年もレンタカーを借りるより安いのではないかと思います。わーい(嬉しい顔)
 ※むろんセカンドカーとして2台の車を使用することもできます。






タグ: 保険

その後の追加情報

マレーシアに住む始めてからの役立ちそうな情報を次のブログにまとめています。
よろしければ訪問してください。

マレーシアロングステイ生活のメモ
  http://malaysialongstaylife.seesaa.net/

よろしくお願いします。

テレビの視聴

最初はアストロを申込みましたが、見れるのはNHKだけです。
おまけに一部の番組は音声が英語になりました。
どこかを設定変更すると日本語になるはずですが、
いちいち英語で電話をかけてたずねるのもめんどうです。

そんな時、厚木インフォテックのスレッシュさんからJNETを教えてもらいました。
 昨年、日本でテストしたときは画像が悪かったのですが、2008年になってから通信回線が強化され画像がぐっと良くなっています。
 ※※2008年3月15日より、録画予約済みの番組だけダウンロードできるよう利用方法が変更になるので、十分な通信速度とパソコンのスペックがあるのに画像が乱れる現象は改善されるでしょう。
(2008年3月始めでもすでに改善され始めてています。)

ある程度のスペックがあるパソコンと通信速度を求められますが、
うれしいのは、
1.日本の民放が見れる。
2.放送後の番組を簡単にダウンロードして見ることができる。
ことです。
 ※日本と同じ時間に見ることができますが、民放は録画してから見ると長いCMを飛ばすことができます。

[注意点]
1.マレーシアの場合仕事で一般的にネットを使う昼の時間帯に通信速度が落ちます。
   よって、昼間に高画質で見ると画像が止まってしまうことがあります。

2.JNETのサイトで説明されているパソコンのスペックは最低限ですのでもうすこし能力に余裕があると良いでしょう。

しかし、興味がそれほどない番組をハードディスクレコーダーに録画して『倍速』で見たい。
と考えるのはちょっと欲張りでしょうか。


タグ:テレビ

インターネット接続事情

マレーシアのクアラルンプール近郊に1ヶ月住んでみてわかった、
こちらのネット事情、特に最初の設定についてのトラブルについてまとめておきます。

TMネットの対応について
固定電話を申し込んだついでにTMネットにネット接続も申し込みました。
 ※スカイプアウトは日本のテレフォンバンキングに対応しません。
  携帯電話から日本に電話すると相当な金額になります。

1.申し込んでから1週間以上かかりました。 
 3営業日後に利用可能というのは宣伝文句です。

2.通信速度は、KLの一部では4MBですが、たいていは1MBの通信速度です。
 しかし、日本とは違い実質速度がそれぞれの数値を上回るようです。
 我が家は1MBの契約ですが大抵1.6MB前後の通信速度です。
 TMネットの通信速度測定サイト(パソコンのスペックによっても違います。)

3.時々ネットにつながりません。
 ネット接続を設定中に起こるとどこに問題があるか分からなくなります。
 電話回線も時々繋がらなくなると聞きますが、我が家ではありません。

その他のトラブルへの対応策
パソコン、通信機器を日本から持ち込むこともできますが、信頼性のあるものをお勧めします。
 ※大抵の電子機器は100〜240V対応ですし、降圧器を利用することもできます。
しかし、信頼できない機器、その上に現地でのトラブルがあると対応が大変です。
機器によっては、日本とは要求基準が違うので、日本で利用できてもこちらではダメということもあり得ます。
当然ですが、TMネットの対応はすべて英語です。

固定電話が必要なのでTMネットに申し込みましたが、短期のネット利用で携帯電話だけですむ方なら、
IZZIの方が良いかもしれません。
 参考情報 厚木インフォテックのサイト
オーナーのスレッシュさんは、流暢な日本語で対応してくれます。
おまけに、日本語も読めるので日本から持ち込んだ機器まで設定してくれます。
3時間まで120RMと少し高い料金ですが、迅速、新設に対応してくれるので助かります。
タグ:ネット

道路状況

KLとその周辺は道路が発達していますが、それでもけっこう渋滞がおこります。
立体交差も多いので、目的地へ到着する道路を見つけるのがなかなか大変です。わーい(嬉しい顔)

右左折するにも、道路の中央よりからできる時もあり、左端でないと右折できないところ、
信号の手前から左折できるところもあります。

気をつけたいのは、
 ・直進の矢印は進めですが、右折は赤信号という交差点があります。
  走る車線を間違えると、事故になりますので十分注意が必要です。
 
 ・バイクがけっこう飛ばして車の横をすり抜けていきます。
  一番右よりの車線を走るとバイクの追い越しはほとんど左側だけになりますので、
  ちょっと安心です。

道を間違えたら変に抜け道を探さずにユーーターンできるところまで走って、
もと来た道路の手前の同じ場所に戻るのが一番です。

我が家では、初めての道はわたしがナビゲーター、妻が運転と役割分担となっています。
でも、さんが「運転は怖いし、地図も読めない。」では大変かなと思います。
そうなると、買い物にいつも夫が付いていく必要があります。がく〜(落胆した顔)exclamation

車の購入と送金

友人に紹介されたディーラーで幸いにも短い期間でマイビーを購入できました。

しかし、
 ・まとまったお金を持ち込まなかった。
 ・ビザが取れないと銀行口座が開けない。
   (よって、こちらに現金がない。もうやだ〜(悲しい顔)
ため、
日本のシティバンクから直接ディーラーの銀行口座へドルで概算額を海外送金しました。
 ※けっこう面倒な手続きですので、
  今後はエルドリッチリンチを利用すると手間がかからず安全だと思います。
 拙ブログの記事  エルドリッチリンチの紹介

その段取りです。
1.マネーパートナーズで米ドルに両替する。
2.シティバンクの米ドル外貨預金口座に送金する。

これは登録済みで簡単ですが、
シティバンクに車のディーラーの銀行口座を登録するのが面倒でした。
1.ディーラーに正確な口座情報を教えてもらう。
2.シティバンクのサイトから海外送金先登録用紙をダウンロードして印刷し、
  必要な情報を記入する。
3.近くの郵便局からシティバンクに郵送する。
 航空便でシティバンクに届くのに1週間程度かかりました。
 ※その後、急ぎでEMS便で送りたい時にシティバンクにたずねると、
  取扱支店あてに送ってくださいとのことでした。ほぼ3日で到着しました。
  (受取人の印鑑が必要なため私書箱には送れません。)
4.ネットで登録先に海外送金する。
5.銀行が届いた米ドルをマレーシアリンギットに両替してディーラーに渡す。
そんな順番で無事送金でき、手元に車が届きました。

[その他自動車に関する情報]
保険は、日系の保険会社を利用し、家族以外の人が乗ったときを考えて、
搭乗者保険にも入っておきました。
また、暑い国ですので窓ガラスのコーティングをして1,700RMを支払いました。

余談ですが、マレーシアの車には冷風はありますが、温風はありません。
暑い国では当たり前ですね。わーい(嬉しい顔) 

タクシーの利用

現地に住んでみてやはり自動車は必需品です。exclamation

しばらくタクシーを利用しましたが、その経験をまとめます。

1.タクシー運転手は地理に不案内です。(特に空港で客待ちのタクシー)
KLに来て始めて自宅へ行くのにタクシーを利用しましたが、
運転手に場所を教えるのが大変でした。
地図を見せても理解しにくいようで、結局携帯電話を使って会社と連絡しながらようやく見つけてくれました。

電話やネット接続の申込のため、TMネットがある場所を地図で見せても
理解してもらえません。
 ※KLの道路は複雑で目的地への行き方が難しいことも関係すると思います。

2.料金は交渉次第です。
 メーターで走るのが一番お得ですが、
値段を言ってその値段でしか走ってくれないタクシーがけっこうあります。
暑いさなかに安いタクシーを捜すのも大変なので、適当な料金なら交渉で決めました。

3.タクシーを呼ぶ。
マレーシアなまりの英語に往生します。
呼ぶための段取りは
1.電話をかけて自分の電話番号を伝えます。
2.タクシー会社から確認の電話がきますので、自分の場所を伝えます。
  (セキュリティハウスの親切なガードマンに何度もお世話になりました。)

4.金曜日の午後はタクシーを呼べない!!
イスラムの祈りの時間ですから、動ける運転手が少なくモスク近くの道路も渋滞します。
よって、
 ・金曜日の午後はタクシーを呼べない。
 ・出かけるときはモスクの近くを避ける。
ことがよくわかりました。あせあせ(飛び散る汗)
タグ:タクシー

引越し

引越し荷物については、
知人から引越し荷物のダンボール箱がかぼちゃみたいにボコボコになるよと脅かされていました。あせあせ(飛び散る汗)

それで、妻が引越し業者の評判や値段を調べて、
ヤマトロジスティックス
に決めました。
結果としてはほぼ良かったと思っています。わーい(嬉しい顔)

[良かった点]
・船便でも1ヶ月かからずに届きました。
・荷物は全く壊れていませんでした。
  (段ボール箱はかぼちゃみたいにはなりませんでした。)

[問題点]
・日本での引越し荷物の集荷担当者が不慣れでした。
  わたしが伝票の書き方やどれが客へ渡す写しがを教えたりしました。わーい(嬉しい顔)
・マレーシアで当面必要なものを別送便で送りましたが、
  クロネコの不手際で1週間遅れてしまいました。

その他の物品の移動

[デスクトップパソコン]
ハードディスクを取りはずし、ハードディスクの情報をすべてバックアップして機内持ち込み荷物で運びました。
[ディスプレイ]
衣類で包んでスーツケースに入れ、手荷物扱いにしました。
[プリンター]
ダンボール箱の中にベットパッドに包んで、手荷物扱いにしました。

そのほかの荷物もありましたので、
国内線は重量オーバーで追加料金8,000円がかかりましたが、
国際線は大丈夫でした。

KLの空港では係官から荷物についてたずねられましたが問題はありませんでした。

飛行機で運んだものについても来れれたりしたものはありませんでした。わーい(嬉しい顔)







タグ:引越し

非居住者、非永住者、永住者??に対する日本の税金

わたしの運営する別のサイトに相互リンクをいただいている「暮旅」の暮 旅太郎さんが
少し前に『海外移住と税金 (明暗を分けた1715億円と36億円)
という記事を書いておられます。その中で
・香港在住がみとめられて武富士創業者の長男に相続税の課税がされなかった。
・ハリーポッターの翻訳者に対してスイスではなく日本で所得税納税を求められた。
2つの対照的な事件が扱っておられます。

相続税を心配するほどの財産はありませんが、
私の場合マレーシアに住むようになっても日本で発生する所得がありますので、
日本の税金についての扱いを知っておきたいと考えて税務署でいろいろ質問してみました。

調べてみてわかったことは、
日本で生まれる所得(不動産所得など海外在住であっても日本で発生する収入すべて)がある場合、
『海外在住だから日本の税金は関係ない』とはいかないのです。

国税庁としては海外在住者への所得税の課税について、以下の3種類に分けています。
 1.非居住者 : 居所(簡単には住まい)が日本にない場合
 2.非永住者 : 居所が日本にあり過去10年さかのぼって海外在住が5年未満
 3.永住者  : 居所が日本にあり過去10年さかのぼって海外在住が5年以上
つまり、
 ・日本に家がない場合は非居住者
 ・日本に家があっても海外生活が5年以上かどうかによって、非永住者と永住者にわけられる。
のです。
そして、それぞれによって課税され方が違ってきます。
(ハリポタ翻訳者の一件から取扱が変更されたとのことです。)

どのように課税方法が違うかについて詳しい説明資料があればと税務署に求めましたが、
相談者に見せるための正式な説明文書ができていませんとのことでした。失恋
(北海道の地方都市の税務署ですから都会の税務署ではもう何らかの資料ができているかもしれません。)
詳しく説明されたのですが、家に帰ってみると結局は理解不足です。もうやだ〜(悲しい顔)

とにかく、単純に海外在住になれば(マレーシアに住むなら)日本に所得があっても無税とはならいようです。
所得税、相続税などに関心のある方は一度確認が必要かもしれません。ひらめきexclamation

年金所得は源泉徴収されずマレーシアでも課税されないということですが、うらやましいですね。わーい(嬉しい顔)




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。